←輸入雑貨アスーレ アルパカ製品 ペルー雑貨 エジプト雑貨 南米雑貨 エメラルドジュエリー 世界の雑貨

かくれんぼする為三千里
 

世界放浪も1年を過ぎ、旅行の楽しみも感動も薄れた頃です

ペルーのクスコ(インカ帝国の首都)に滞在し

インティライミ(南米三大祭のひとつ)が行われるのを待っていたのですが

ペンションでは、楽しい仲間に恵まれ、毎日笑いが絶えませんでした

その中の1人にリマ(ペルーの首都)の児童施設でボランティアしてる人が居て

「リマに来るなら、泊まれるから遊びにおいで。子供達と遊んでね」と誘ってもらいました

児童施設を訪ねるなんて、タイガーマスクみたいやな!と思いながらも

後日、少し緊張しながら遊びに行きました

「HOLA!」と言いながら訪れると、すぐ子供がくっついてきて、何か質問をしてるようです

当時、スペイン語がわからなかったので、友達に「何て言ってんの?」と尋ねると

「お化けとか妖精、怖い?」だって

これだ!

旅行中される質問といえば

「日本で働いたらいくら稼げるんだ?」

「お前の親の仕事は何だ?」

「日本人はどう思っているのだ?」

など、なんだか嫌気がさす質問が多かったのですが

僕自身に興味を持ってくれた素敵な質問に、すごく嬉しくなったのです

「怖くないよ!」

と友人に伝えてもらうと、みんなビックリの表情

「どの色が好き?」

「お肉食べれる?」

「名前は何ていうの?」

「いつまで居るの?」

など、次々される楽しい質問に答えていくと、ひとつ答える毎にみんなビックリの表情〜

2週間ほどお世話になり、かくれんぼ、鬼ごっこ、かけっこ、ビー球、

サッカー、野球、トランプ、プール、子供を投げたり、担いだり、

いっぱい遊びました 遊んでもらいました

で、ペルーの子供に

「ブーロは落ち着きがない」と言われる


こんな良い思い出ができたから、もう日本に帰ろう」と帰国を決める

帰国の日、子供達に「さよなら」を言うと

「TU CASA AQUI (あんたの家ここ)」

「もっと遊ぼう」 と言われ泣かれる

「俺の家って孤児院なの?」とか思いながらも、とっても嬉しかった

「また必ず遊びに来るからね〜」と約束しました

日本でつまらない1年が過ぎ、

「かくれんぼがしたい」とどうしようもなくなり、

友人にペルーでの仕事を紹介してもらって、ペルーに戻りました


「かくれんぼ」をしに行くと、みんな憶えていてくれたようで、

叩かれる

蹴られる

噛まれる

の大歓迎!!

ブーロも負けずに、噛み返し大暴れ

あー楽しかった

 輸入雑貨 アスーレ  アルパカセーター  エメラルドジュエリー
ペルー雑貨 南米雑貨 エジプト雑貨 世界の雑貨